日本に滞在してましたが、シンガポール経由でちょっと遊んでからパースにちょこっと帰って、年末年始は日本です〜

Sanctuary of Truth(サンクチュアリ・オブ・トゥルース):タイの美しい芸術的建造物の秘密に迫る

Sanctuary of Truth (サンクチュアリ・オブ・トゥルース)

タイのパタヤに佇むSanctuary of Truth(プラサットサンクチュアリオブトゥルース)は、魅力的な木製の寺院であり、ヒンドゥー教や仏教のテーマを反映した彫刻や装飾が特徴です。この建物は、タイの実業家で芸術家のLek Viriyaphan氏によって1981年に建設が始まり、未完成のままでも世界中の観光客に感動を与え続けています。

立地

パタヤの中心地から車で20分ほど。Grabを使うと便利です。

美しい彫刻が織り成す神秘的な世界


    1. 建物の美しさと特徴 Sanctuary of Truthは、その美しい木製の建物と豊かな彫刻で知られています。四方を海に囲まれた環境の中で、タイの伝統的な建築様式を反映し、宗教的なシンボルや神々の彫刻が建物全体に施されています。建物内部に入ると、圧倒されるほどの芸術作品が目に飛び込んできます。
    2. ヒンドゥー教や仏教のテーマ 建物の設計と彫刻には、ヒンドゥー教や仏教のテーマが取り入れられています。創設者であるLek Viriyaphan氏は、タイの伝統的な文化や宗教の重要性を理解し、これらのテーマを建物に反映させることで、タイの過去と未来を繋ぐ象徴的な場所を創り上げました。

Lek Viriyaphan氏の情熱と遺産 Sanctuary of Truthは、Lek Viriyaphan氏の生涯をかけた情熱の結晶です。彼は木工芸の専門家であり、タイの伝統芸術の保存・普及に心血を注いできました。建物は未完成のままでも、芸術的遺産と彼がタイの文化に対して抱いた深い愛情を伝える象徴的な存在となっています。

Sanctuary of Truthは、タイのパタヤに佇む美しい芸術的建造物であり、ヒンドゥー教や仏教のテーマを反映しています。Lek Viriyaphan氏の情熱と芸術的な才能によって創り上げられたこの建物は、タイの伝統的な文化と芸術への深いリスペクトを伝える素晴らしい遺産です。訪れる人々は、その美しさと意義に感動し、タイの魅力的な文化に浸ることができるでしょう。

※以上、Chat GPTで文章生成してもらいました。

7つの柱 (sanctuary of truth museum HPより)

「私たちは誰なのか?どこから来たのか?どのように生きるべきなのか?そして人生の目標とは何か?」これは何度も尋ねられてきた最も一般的な哲学的な問いの一つです。いつも同じ答えが出るわけではなく、時代によって変化します。

この場所では、これらの問いに対する答えを見つける手助けをします。『真実の聖域』にあるすべての木彫りの彫刻は、人生の第七の真理を見出した者たちによって彫られました。

第一の真実 「私たちは誰ですか?どこから来たのですか?」

最初の質問は、人間が言葉から彫刻芸術に再編されたことを反映しています。それは地球、水、風、火の四元素を表し、人間の平等性を思い起こさせるために行われたものです。人種、宗教、条件が異なっていても、最終的には私たちは皆同じ目的地に向かっています。それが四つの元素が形成される場所なのです。

 

第二の真実 「私たちはどのように生きるべきですか?」

異なる外の外見の下で、私たちは皆同じように成長しています。それは生命の自然な法則です。第二の真実は、人間の生命のサイクルである誕生、老化、苦しみと結びついた木の彫刻で示されます。共通の性質を持つものです。たとえ各人の死後の世界が異なるとしてもです。

 

第三の真実 「人生の終わり」

生命のサイクルの最終段階は、「死」であり、仏陀の遺物を通して表されます。私たちは裸で生まれ、この世界を何も持たずに去ります。どんなに大切なものであっても、死後の世界に持ち込むことはできません。残されるものは、あなたが生きる間に他者のために成し遂げたことです。

 

第四の真実 「文明の見本」

第四の真実は、東洋の有名な文明についてです。彼らはこの世を去りましたが、その物語と善行は今もなお次世代の生活に影響を与えています。特に、多くの世代に影響を与えた哲学と生き方の原則が含まれています。

 

 

第五の真実 「人生の目標とは何か?」

人生の目標を設定することは簡単なことですが、容易ではありません。第五の真実は、大きな城の周りの柱に位置する実践のための答えのガイドラインを示します。これは人生の目標を見つけるための指針となるでしょう。

 

第六の真実 「社会は両面を持つ硬貨のよう」

硬貨には表と裏がありますように、社会にも良い面と悪い面が含まれています。第六の真実は、どのように妥協すべきか、そして妥協しない選択をする場合に何が起こるかを示します。これは指針となり、私たちに何が起こるかを考えるためのパスを示すでしょう。

 

第七の真実 「社会の始まり」

「家族」は社会に影響を及ぼす価値観、信念、そして個性を形成する重要な始まりです。家族はまるで最初の教師であり友人のような存在です。第七の真実(家族)は、家族の間の絆を表し、親の真の愛を思い起こさせ、彼らが犠牲にしてくれたこと、そして私たちが家族のために何をしたのかを考えさせてくれます。

Netflix ドラマ ペーパーハウスの舞台にもなった

ハマりにハマった、Netflix ドラマ ペーパーハウスで、シーズン2の始まりのトーキョーと教授が再開する場所がこちらだったんですね。

このドラマを観るまでは、Sanctuary of Truth の存在さえも知らなかったけど、このシーンを観てハートをぶち抜かれ、いつか実際に見てみたいと強く思い実現させました。

ひとつひとつの彫刻にストーリーがあって、芸術的でありながら宗教、哲学、宇宙も深く関わっていて、熟知するには年間パス必要なくらい奥が深いです。

1981年に建設が開始され、未だに建設が続けられている途中の建物でもあります。

パタヤに行ったらマストで行きたい、素晴らしい場所でした。

ペーパーハウス