オーストラリア横断ロードトリップ記事更新中

ブルーニアイランド

ブルーニアイランドはホーバートから南に少し行った場所から、30分ほどフェリーに乗って行ける島です。結構大きな島でファームとか住人もいるので、フェリーも頻繁に行き来していて、車ごとフェリーに乗せて気軽に行けます。

ブルーニアイランド行きのフェリー

一応オンラインで予約はしましたが、時間指定は必要なしでした。頻繁に就航しているので、その場のドライブスルーのブースでもチケットを買えるようでした。

係員の指示に従って、車をフェリーの上に駐車させます。

このようなそれ程大きくないフェリーで、ほぼ車の乗り入れのお客さんが多いようです。料金も往復$46とリーズナブルでした。

ほんの30分ほどでブルーニアイランドに到着です。

Get Shucked Oysters

まずは腹ごしらえです。ブルーニアイランドでも牡蠣が食べれるという事で行ってっました。

ナチュラルで12個で$24とはリーズナブルですね。

ナチュラルオイスターに、ドレッシング$3もつけてみました。もちろん白ワインも

このぷりぷり感、このタイプの牡蠣が好みです。今回は期待できそうですね。

濃厚な味でクリーミー。味が濃いのであっさりとしたドレッシングによく合いました。ここの牡蠣はほんとに美味しかったです。

ドライブスルーもありますね。お持ち帰りは少しお安くなってるようです。写真を拡大すると、メニューが見れますよ。

ブルーニアイランドに行ったら是非立ち寄りたい牡蠣小屋でした。

The Neck Game Reserve Lookout

ブルーニアイランドで北と南が繋がっている、細い部分が一望できる見晴らし台です。

結構高いところまで階段で上がるので、良い景色が見れます。写真の左側のビーチも良さげでした。

Cloudy Bay Beach

ここでサーフィンに良い波があるようで、多くのサーファーで賑わっていました。我が家のオジファーも気が済むまでサーフィン。

この写真は翌日のあまり波が良くない写真になりますが。。。

海に向かって右手にももっと良いサーフスポットがあるようで、そちら人気でした。

Cloudy Corner Camping Area近くのベイ

この日はCloudy Corner Camping Ground でキャンプしようと思っていたので、サーフィンをしていたクラウディベイの反対側のエリアまで、ビーチを車で移動していたら、反対側は波も風もが全くなく、日陰もあったので、こちらで少し遊ぶことに。

ベイの向こう側は波が立っているのに、その反対側はフラットそのもの。ここではSUPで遊んだりしました。釣りをしている人達も数人いました。

翌朝はボートを乗り入れて、ここからボートを海に出して釣りをしている人達が数組いました。

砂浜をボードを牽引しても走行できるって凄いですよね。砂浜結構硬いです。

Cloudy Corner Camping Ground

ビーチから柔らかい砂の坂を上ったところにキャンプ場なので、キャンピングトレーラーなどは入れない、オーバーランダー的なキャンプ場です。

 

料金は$10で、無人ですが封筒が置いてあるので、その封筒にキャッシュを入れて、箱に投函します。

場所が場所だけに、ルーフトップテントが多かったです。こういう場所はルーフトップテントは大活躍ですね。

色んなスタイルがあるから、参考になります。

我が家もセットアップ完了で、キャンプタイムです。ワイルドなキャンプ場だけに、秘境感たっぷりの静かなところでした。

こんな感じのブルーニアイランドの1泊2日でしたが、自然の中で思いっきり楽しめました。

2021年12月〜 タスマニア長期滞在の最新記事8件