西オーストラリア南西部のロードトリップを更新中です。

2020年10月30日 ワイルドフラワーハンティング Wongan Hill

久しぶりにワイルドフラワーハンティングに行ってきました。

今回のお目当てはフェザーフラワーです。

この日からワイルドフラワーフェスティバルで見頃ということで、ワンガンヒルに再び行ってきました。

Reynoldson Reserve

ワンガンヒルの中心から20分くらい、トレイルはゆっくり歩いて往復1時間くらいの間に、フェザーフラワーがこれでもかってくらいに咲き誇っていました。

ガクが羽毛ような事から、フェザーフラワーと言われているお花です。よく見るとほんとにふわふわで、可愛いお花です。

お花のアップはこんな感じで、ふわふわ感が分かりますね。

こちらは別の種類のフェザーフラワーで、色もガクの感じも少し違っています。

花のつき方も葡萄みたいで可愛い。

ピンクのフェザーフラワーは満開でしたが、白はつぼみ状態でまだこれからでしたね。

これが満開になったら、巨大カリフラワーみたいな形なります。

こんな栄養のなさそうな砂地でも、健気に花を咲かせるワイルドフラワーです。

この日は気温が33度くらいまで上がりましたが、内陸は風が少し吹いていて、覚悟していたほど暑くはなかったかな。

1ヶ月前くらいまでは、車窓からの景色は黄色の菜の花畑や、緑が眩しいくらいの麦畑でしたが、今回はもうすでにどこも枯草状態で、早くも夏がもう近づいていると実感しました。

Lake Ninan

前からワンガンヒルの手前の塩湖を気になっていたのですが、この日は車を停めて入ってみました。

前回通り過ぎた時は水があったと思いますが、もうすっかり干上がっていました。

塩の結晶です。

ハート型の塩の結晶。と、女子っぽい写真を撮ってみたり、ジャンプしてみたりとはしゃいでみました。

水が張っていたら、ウユニ塩湖みたいな写真が撮れるかもしれないですね。

西オーストラリアは塩湖がいっぱいあるので、リサーチしてみたいと思います。