西オーストラリア南西部のロードトリップを更新中です。

ボリウッド映画、観過ぎてます。

相変わらずボリウッド映画にハマっています。

ボリウッド映画界には「3大カーン」呼ばれる3人のボリウッドスターが存在するのですが、

アーミル・カーン 右

サルマーン・カーン 中央

シャー・ルク・カーン 左

という、3人とも名字がカーンなので、3大カーン。

この3人はそれぞれに個性が違う俳優さんなのですが、3人とも1965年生まれなんですね。

みなさん50も半ばというのに若々しく、さすがボリウッドレジェンドです。

 

最近Netflixで「Dhanak」という映画を観ました。

ざっくりいうと小学生の盲目の男の子とその姉が、シャー・ルク・カーンに会いに旅をするという内容です。ざっくり過ぎですが。

姉はシャー・ルク・カーンが好きで、弟はサルマーン・カーンが好きだという設定でした。

心温まる優しい、素敵な映画でした。

しかし私の好きなアーミル・カーンが除かれていたのは残念でしたが、シャー・ルク・カーンさん、そこまでスターなん??だったら気になりますよね。

ってことで、新そうな「ZERO」って映画を観たのですが、これが呆れるくらい斬新なんですが、大スター、シャー・ルク・カーンが小人症の役を演じているのですよ。

シャー・ルク・カーンといったらハリウッドではトムクルーズ、日本だったらキムタクくらいの位置の俳優さんらしいんですよ。

トムクルーズやキムタクが小人になりますか?

ボリウッド凄いです。

シャー・ルク・カーンさんは、ぶっちゃけそんなにイケメンとは思えなく、正直なところ「ワシっ鼻のサル」っぽい思ってしまうのですが、ZEROのシャー・ルク・カーンさんはとってもキュートなんです。

映画の内容は破茶滅茶で、開いた口が塞がらない、でも笑っちゃって、結果面白いって感じなんですが、この映画を観終わってからもシャー・ルク・カーンさんが気になってしまって。

Netflixで「デヴィッド・レターマン: 今日のゲストはシャー・ルク・カーン」を観てみました。https://www.netflix.com/title/81121023?s=i&trkid=13752289

ご本人はとてもチャーミングなお人柄で、すっかり魅了されてしまいました。

小さいお子さんがいらっしゃるのですが、どうせきれいな女優さんと2度目か3度目の結婚でしょ。って勝手に思っていたのですが、10代の頃から付き合っていた奥様との3番目のお子さんで、上に20代のお子さんが2人いるらしいです。

デリーからムンバイに引越してしまった彼女(現在の奥様)を、デリーから友達4人でムンバイに探しに行ったエピソードもユーモア溢れていて面白かったです。

そういうところも好感度高い。

とにかく会話のセンスも抜群で、魅力的なお人柄というのが伝わってきました。

世界中に35億人のファンがいるらしいですけど、35億人って全世界の人口の43%だそうで、どんだけスターなんだって感じです。

ファンにも優しく、誕生日の日は自宅前に集まったファンに外に出てその姿を見せてくれるらしい。ということは知っていたのですが、あのポージングから俺様キャラなのかと思っていたら、ファンのためにスターを演じているっぽくて、ファンへのパフォーマンスみたいですね。

ご本人が自宅にいる日は、毎日自宅前に集まっているファンのために、朝5時に姿を見せてくれるそう。

早朝のムンバイのシャー・ルク・カーンさんの自宅前にいるmeが目に浮かぶ。

コロナ明けにきっとインドに行くんだろうな。

ちなみにムンバイの空港からタクシーで、「シャー・ルク・カーンの自宅まで」っていうと連れて行ってくれるそうです。

プライバシー無しですね。。。恐るべしインド🇮🇳