オーストラリア横断ロードトリップ記事更新中

タスマニアでの2ヶ月半の滞在は、エアビー、キャンプ場、モーテルときて、最後に腰を据える事ができたのが、広大な敷地の丘の上にぽつんと建つ、ご縁があって素敵なお家に住ませてもらう事ができました。

タスマニア生活を豊かにしてくれたファームステイ

ダンナさんの夢でもある、長い長いドライブウェイがあるお家。このゲートから家までは1kmくらいあります。

もちろん両脇はこのお家の敷地で、牛がいたり馬がいたり。

丘の上にぽつんと建つお家。このお家は2世帯住宅のようになっていて、キッチン、バスルームも母屋とは別の、2LDKの家を貸してもらっていました。

もちろんドアも別々で、気を使うこともなく快適な申し分のないお家でした。

このリビングに一目惚れでした。大きな窓に囲まれていて、外の風景は丘の上からのタスマニアのファームの景色。

他に2つもベッドルームがあったけど、家具もないことだし眺めの良いリビングに布団を敷いていました。車のルーフトップテントから寝具を持ち込んで、ベッドがなくても問題なし。

家具なしのお家なのですが、キャンプチェアにテーブル、冷蔵庫も車用のクーラーボックスがあったので問題なし。何かとミニマムな1ヶ月半のファームステイでした。

ポータブルだけど、掃除機もあったので生活に問題はなし。

窓の外には馬がいて、馬をぼっと見てる時もありました。

子牛がたくさんいた時期もあったけど、いつの間にか何処かに行ってしまっていたり。

外のガレージの角に眠るのはポッサムくん。可愛いおて手が見えてますね。

暗くなると、部屋の目の前の木にいるのが見えたり。

周りには何もないのでブラインドは開けっぱなしで、外の風景を楽しんでいました。

雲がない夜は、吸い込れそうなほどの満天の星空を部屋の中から見れました。

このお家で過ごせた事は、とても貴重で豊かな経験になりました。

プチタスマニアファーム生活。キャンプ場生活から救ってくれて、ありがとう。

出逢いに感謝。

いざ離れるとなると寂しいな😢

 

2021年12月〜 タスマニア長期滞在の最新記事8件